全国切换
微信扫一扫,
分享学习
乐趣!

杭州成人日语培训_5年後に「月面着陸」…政府が研究開発本格化へ

责任编辑:nbbj1发布时间:2017/11/14 17:27浏览11次

杭州新世界教育24小时咨询热线:400-6169-615    QQ1378779299杭州新世界教育为大家提供一流质量、一流管理、一流师资、一流服务、一流品牌的综合性培训学校。除了培训之外,我们将提供更多的增值服务,通过新世界培训,不仅可以提高外语,取得学历,成功就业!更多优惠详情请致电咨询我们值班老师!!

5年後に「月面着陸」…政府が研究開発本格化へ

 

5年後に「月面着陸」…政府が研究開発本格化へ

5年后“登月”…政府研究开发本格化

政府は、無人探査機による月面着陸・調査に向けた研究開発を本格化させる。

政府,无人探测器的月面着陆·调查向研究开发的正式化。

月の地質調査などを行い、資源利用の可能性を探る計画だ。2019年度の打ち上げを目指し、文部科学省が15年度の概算要求に関連予算を盛り込む方向だ。

月的地质调查等,进行资源利用的可能性探计划。2019年发射为目标,文部科学省15年度的概算要求相关预算的预算的方向。

人類の月探査は、米国と旧ソ連が1960~70年代に競って探査機を送り込んだ後、80年代以降は停滞していたが、近年、再び活発化している。中国は昨年12月、無人探査機「嫦娥(じょうが)3号」を打ち上げ、同国初の月面着陸に成功。インドも16~17年を目標に探査機を打ち上げる計画を進めている。月に水や鉄、核融合発電の燃料に使えるヘリウム3などの資源があることが分かっており、各国とも、将来的な資源獲得に向けて発言権を確保する狙いがある。

人类的月探查,美国和苏联60~70年代争相探测机输送了后,80年代以后的停滞了,近年来,再度活跃。中国在去年12月,无人探测器“嫦娥(所以)3号”升空,在该国首次登月成功。印度16~17年为目标探测器发射计划前进。月水和铁,核聚变发电的燃料使用氦3等资源明白有着,各国都有将来性的资源获得向发言权确保目标。杭州日语培训学校推荐:杭州新世界日语

今後は、〈1〉狙い定めた位置にピンポイントで降り立つ能力を持つ着陸機〈2〉くぼみの多い月面をスムーズに走行できる探査車〈3〉昼と夜が地球の時間で2週間ずつ続くため、長時間の蓄電が可能なバッテリー――などの開発が技術的な課題となる。

今后,〈1〉目标制定的位置定点而降临能力着陆机〈2〉坑的很多月面顺畅地能行车探测车〈3〉白天和夜晚的地球时间的2周,因为长时间的蓄电各持续可能的电池——等的开发技术性的课题。

宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)が、米航空宇宙局(NASA)の技術協力を受けつつ、民間企業も交えて開発を進める方針だ。

宇宙航空研究开发机构(JAXA贾クサ),美国航空宇宙局(NASA)的技术合作一边接受,民间企业交互地在进行开发的方针。

 在线咨询微信二维码.jpg


分享:
该内容系 nbbj1 分享发布,文章内容系作者个人观点,不代表培训通对其观点赞同或支持,本网不对内容真实性负责,若该文章内容涉嫌侵权,请发邮件qq:16720809。